新浦安内科・脳神経内科クリニック | 浦安市 内科 脳神経内科 | パーキンソン病 生活習慣病 高血圧 脂質異常 糖尿病

新浦安内科・脳神経内科クリニック 浦安市 内科 脳神経内科

京葉線「新浦安駅」駅より徒歩2分

新浦安内科・脳神経内科クリニック 浦安市 内科 脳神経内科 はインターネット予約が可能です

新浦安内科・脳神経内科クリニック 浦安市 内科 脳神経内科 の電話番号047-381-0077

ろれつが回らない(構音障害)

舌が思うように動かず、上手くしゃべることができない。

お酒を飲んで酔った時や、緊張していたり急いで話す際に経験したことのある人はいると思いますが、何気ない日常生活で起こると、それは脳神経に関わる病気かもしれません。

構音障害

ろれつが回らないことを、医学的には構音障害と呼んでいます。

言葉を音として作ることが難しい状態で、思うように話せません。これは唇や舌、のどのあたりのマヒに伴うものです。

構音障害の原因

ろれつが回らなくなる原因は様々ですが、大きく分けると、

  • 脳血管障害
  • 神経疾患
  • 精神的ストレス

などが挙げられます。

脳血管障害

脳梗塞・脳出血・クモ膜下出血などの脳血管の障害が原因で、急にうまく話せなくなることがあります。

脳血管障害の前兆であり、また後遺症としても構音障害の症状が出ます。

神経疾患

筋萎縮性側索硬化症(ALS)や多発性硬化症などの神経難病が原因となって構音障害を生じる場合もあります。

言葉を発するための唇・舌・のどの筋力が低下するためです。

精神的ストレス

過剰なストレスや過労が原因で自律神経が乱れ、上手く話せないという症状が出ることがあります。

症状が出たら早めの受診を

ろれつが回らないといった症状が出た際には、とにかく早めに医療機関を受診してください。

精神的な緊張などが原因である事もありますが、何より怖いのが、上述したように脳卒中(脳梗塞・脳出血・クモ膜下出血)が原因であった場合です。

脳血管障害からくる病気は死亡率が高く、早期発見・早期治療が、発症後の回復の速さや後遺症に大きな影響を与えるものです。

急にうまく話せなくなったと思ったら、すぐに医療機関を受診しましょう。

一過性脳虚血発作(TIA)

脳血管障害を原因とする場合、ろれつが回らなくなり上手く話せないのが一時的な場合もあります。

この一過性脳虚血発作(TIA)は一時的に脳への血流が悪くなり、その後数分~24時間以内には症状が治まるものです。

しかし、一過性であったとしても、それはつまり脳卒中のリスクが非常に高いことを意味します。

症状がすぐにおさまったという場合にも、放置せずに早めに医療機関を受診してください。

症状から探す
物忘れ
頭痛
めまい
力が入らない
ふるえ
しびれ
ろれつが回らない
病名から探す
生活習慣病
パーキンソン病
脳梗塞・脳卒中
認知症
てんかん
重症筋無力症
筋萎縮性側索硬化症(ALS)
多発性硬化症
脊髄小脳変性症
眼瞼けいれん
顔面けいれん

問診票ダウンロード

このページの先頭へ戻る