新浦安内科・脳神経内科クリニック | 浦安市 内科 脳神経内科 | パーキンソン病 生活習慣病 高血圧 脂質異常 糖尿病

新浦安内科・脳神経内科クリニック 浦安市 内科 脳神経内科

京葉線「新浦安駅」駅より徒歩2分

新浦安内科・脳神経内科クリニック 浦安市 内科 脳神経内科 はインターネット予約が可能です

新浦安内科・脳神経内科クリニック 浦安市 内科 脳神経内科 の電話番号047-381-0077

眼瞼けいれん

眼瞼けいれんとは、自分の意思とは関係なく、両方の目の周りの筋肉が動いてしまう病気です。

顔面けいれんと名称が似ていますが、眼瞼けいれんの特徴は、症状が顔の片方だけでなく両側に出ること、目の周りだけに出ることにあります。

症状

眼瞼けいれんの症状には以下のようなものがあります。

  • 両方の目の周りがぴくぴくする
  • 瞬きがしづらい
  • 不要な瞬きが増える
  • 目が乾いた感じがする
  • まぶしい など

また、このような症状から、ドライアイと間違えられることも多いです。

症状が進行すると、けいれんが続いている間は目を開けることができないため、日常生活に支障をきたすこともあります。

原因

顔の筋肉は、脳とつながる顔面神経によって制御されています。

眼瞼けいれんの原因は、顔面神経に指令を送っている脳に異常があるためだとされています。

ストレスの他、安定剤・睡眠導入薬・抗精神病薬など薬の影響が考えられています。

治療

症状を緩和させるために、注射薬、点眼薬、内服薬を用います。

それでも改善しない場合、手術をすることもあります。

疲労やストレスによって症状が悪化するため、心身ともに休息をとることも大切です。

症状から探す
物忘れ
頭痛
めまい
力が入らない
ふるえ
しびれ
ろれつが回らない
病名から探す
生活習慣病
パーキンソン病
脳梗塞・脳卒中
認知症
てんかん
重症筋無力症
筋萎縮性側索硬化症(ALS)
多発性硬化症
脊髄小脳変性症
眼瞼けいれん
顔面けいれん

問診票ダウンロード

このページの先頭へ戻る