新浦安内科・脳神経内科クリニック | 浦安市 内科 脳神経内科 | パーキンソン病 生活習慣病 高血圧 脂質異常 糖尿病

新浦安内科・脳神経内科クリニック 浦安市 内科 脳神経内科

京葉線「新浦安駅」駅より徒歩2分

新浦安内科・脳神経内科クリニック 浦安市 内科 脳神経内科 はインターネット予約が可能です

新浦安内科・脳神経内科クリニック 浦安市 内科 脳神経内科 の電話番号047-381-0077

顔面けいれん

顔面けいれんとは、顔の筋肉が自分の意思とは関係なく動いてしまうために、片方の目の周りや、頬や口の周りがぴくぴくと動く病気です。

眼瞼けいれんと名称が似ていますが、顔面けいれんは、顔の片側だけがぴくぴくと動きます。顔面けいれんが顔の両側に出ることは非常にまれです。

症状

はじめのうちは、目の周りだけがぴくぴくしますが、進行するにつれて顔の片側全体がぴくぴくと勝手に動くようになります。

話をしたり、笑ったり、食事をしたりしているときに症状が出ます。

緊張している時や疲れている時などにも、症状が出やすいです。

また、ぴくぴくする症状に加えて、耳鳴りが現れることもあります。

進行すると、顔がゆがみ、片眼が閉じてしまうため、日常生活にも支障をきたし、精神的につらい病気です。

原因

顔の筋肉は、脳とつながる顔面神経によって制御されています。

顔面けいれんの原因で最も多いのは、片側の顔面神経が、脳内の血管とぶつかって圧迫され、興奮させられている場合です。

治療

抗不安薬や抗てんかん薬、筋弛緩薬などの内服の他、注射によるボツリヌス療法があります。

また、根本的な治療法としては、顔面神経と脳内の血管をぶつからないようにする手術がありますが、リスクがあるため、特に60歳以上ではあまり勧められません。

症状から探す
物忘れ
頭痛
めまい
力が入らない
ふるえ
しびれ
ろれつが回らない
病名から探す
生活習慣病
パーキンソン病
脳梗塞・脳卒中
認知症
てんかん
重症筋無力症
筋萎縮性側索硬化症(ALS)
多発性硬化症
脊髄小脳変性症
眼瞼けいれん
顔面けいれん

問診票ダウンロード

このページの先頭へ戻る